沿革

年月 事項
1972年 8月 港区西新橋二丁目に会社設立
1984年 9月 港区新橋五丁目に本社第1ビル(現、本社別館)完成、移転
1987年 4月 労働省より特定労働者派遣事業に関する許認可を受ける
1990年 2月 経済産業省よりSI企業として登録、認定を受ける(以降2年ごとに更新申請)
4月 九州地区での業務拡大、採用拠点として、福岡市博多区に九州支社を開設
1991年 2月 社団法人日本証券業協会に店頭売買銘柄として登録
6月 関西地区での業務拡大、採用拠点として、大阪市淀川区に関西支社を開設
1997年 8月 港区新橋六丁目に本社第2ビル(現、本社本館)完成、移転
港区新橋五丁目に本社第3ビル(現、新橋センタ)を開設
9月 東京証券取引所市場第二部に上場
1998年 8月 単位株式数の変更(1単位 1000株 → 100株)
1999年 9月 東京証券取引所市場第一部に上場
2000年 2月 顧客要求仕様に基づく、通信産業向けソフトウェアの設計・開発、製造、据付け及び付帯サービスにおいてISO9001認証取得
6月 株価連動型賞与制度を導入(対象:中堅幹部社員)
10月 福岡市に子会社「株式会社九州データ通信システム」(現、株式会社九州DTS)を設立
2001年 4月 「データリンクス株式会社」の株式取得による子会社化
2002年 3月 日本情報処理開発協会よりプライバシーマークの付与認定を受ける
9月 東京証券取引所市場第一部の貸借銘柄となる
2003年 4月 新ロゴマークに変更
10月 「株式会社データ通信システム」から「株式会社DTS」に社名変更
2004年 6月 港区新橋六丁目に本社新館完成、移転
10月 中京地区での営業拠点として、名古屋市中区に中京支社を開設
システムマネジメント部門がISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)の認証取得
2005年 10月 「Walk in home」が2005年度グッドデザイン賞を受賞
11月 「株式会社FAITEC」を設立
2006年 3月 コンピュータ機器等情報通信関連機器の販売・仕入れ、および自社開発ソフトの販売、システムの運用設計と運用サービス、通信業者向けのシステム設計およびシステム開発においてISO14001:2004の認証取得
11月 「日本SE株式会社」の株式取得による子会社化
2007年 2月 「株式会社総合システムサービス」の株式取得による完全子会社化
ISO14001の適用部門を全社に拡大
4月 「株式会社MIRUCA」を設立
10月 「逓天斯(上海)軟件技術有限公司」を設立
2008年 12月 マネジメントサービス事業におけるシステム運用監視(ReSMサービス)においてISO/IEC20000-1の認証取得
2009年 3月 東京都より一般建設業(電気通信工事業)の認可
産業システム事業本部、ビジネス開発本部においてCMMIレベル3を達成
9月 中国のビジネスパートナー2社に資本参加
10月 「デジタルテクノロジー株式会社」を設立
2010年 10月 「Walk in home」が、「グリーンITアワード2010」の「ITによる社会の省エネ部門」で、審査委員会特別賞を受賞
2011年 3月 金融事業本部、産業公共事業本部、関西支社などにおいてCMMIレベル4を達成
10月 特例子会社「株式会社DTSパレット」を設立
11月 「DTS America Corporation」を設立
2013年 4月 「DTS IT Solutions(Thailand)Co.,Ltd.」を設立
2014年 2月 ソフトウエアの設計・開発、およびその支援、保守業務に従事する組織全体においてISO9001認証取得
4月 「株式会社FAITEC」をDTSへ吸収合併
「株式会社DTS WEST」を設立
「アートシステム株式会社」の株式を取得し完全子会社化
「横河ディジタルコンピュータ株式会社」の株式を取得し子会社化
「DTS SOFTWARE VIETNAM CO., LTD.」を設立
2015年 4月 「株式会社総合システムサービス」を存続会社、「株式会社DTS WEST」を消滅会社として吸収合併し、「株式会社DTS WEST」に社名を変更
組込み関連事業の一部を吸収分割により「アートシステム株式会社」へ承継