「第15回 データウェアハウス & CRM EXPO」に出展しました

2010年5月12日(水)~5月14日(金)の3日間、東京ビッグサイトにて開催された「第15回 データウェアハウス & CRM EXPO」に出展しました。

今回DTSでは、圧倒的なコストパフォーマンスと、誰でも使えるカンタン操作でご好評いただいているBIツール「データスタジオ@WEB」を展示。

今回の展示会では、事前予約制の商談コーナーを用意いたしましたが、「事前アポイントシステム」からご登録いただいたお客様で、満席が続くような状態でした。

また当展示会は、過去最大規模で開催されました。その背景として、以前のIT投資は、ハード部分や基盤部分の投資が多く、それによりデータ量は増大しました。しかし昨今、現在の不況下により未対応の部分であった、"データの効率的な利用"が急務となっているという現状があります。

そのため、「蓄積したデータが活用しきれていない」「データを分析し戦略に生かしたい」などの課題をお持ちのお客様が多く来場され、「データスタジオ@WEBの導入により、現状滞っている情報の流れを打開できるのではないか」といった、期待感や注目度の高さを実感いたしました。

さらに、今回は、「膨大なデータを分析し戦略に役立てたいが、レスポンスが遅く、せっかくのデータが意味をなしていない」「定期的にデータが増えていくため、現在は問題ないが、将来的に対応できるBIツールの導入を検討している」「導入済みのBIツールは高機能、高価格がゆえに、一部の部署でしか利用できていない」などの、具体的な課題を多くお寄せいただきました。

会期終了後も専用サイトからのご連絡、デモのご要望を始めとした、積極的なお問い合わせを数多くいただき、早速、営業担当よりご対応させていただいております。

ご来場いただきました多くのお客様には、心よりお礼申し上げます。

今回出展いたしましたデータスタジオ@WEB、その他製品・サービス・出展内容等に関するお問合せは、ビジネスソリューション部までお気軽にお問い合わせください。




【会場風景】

展示コーナーでは、説明をご希望のお客様が多数いらっしゃいましたが、ポイントを的確に説明することで、できるだけ多くのお客様にご対応させていただきました。

商談コーナーでは、事前にお客様より課題をお伺いしていたことで、スムーズなご提案、商談を行うことができました。お忙しい中、ご予約いただき、誠にありがとうございました。

出展内容

  • 「データスタジオ@WEB Ver.2.1.0」

    Webブラウザだけの直感的でシンプルなカンタン操作のため、企画担当や分析のエキスパートだけでなく、 経営者から部門マネージャー、実務担当者まで「誰でも使える」BIツールを展示。
    また新製品「Ver.2.1.0」の追加機能や「中国語版(参考出展)」もご紹介しました。


  • ダッシュボード連携

    重要な数値データをグラフやチャート、メーター、ゲージなどでグラフィカルに表現し、ひと目で把握できる「ダッシュボード」との連携をご紹介しました。


  • 統合BIソリューション(BI・DWH・ETL連携モデル)

    データスタジオ@WEB(BI)をフロントツールとした、データウェアハウス(DWH)とデータ収集(ETL)の連携モデルをご紹介。お客様の環境に合わせたトータルソリューションをご提供しました。


  • SaaS連携

    グループウェア「Bizca(ビズカ)」のポータル内に組み込んで活用する情報共有のご紹介や、「情報漏えい対策サービス」で取得したPC操作ログの分析によるセキュリティリスクの可視化などもご紹介しました。


  • 他システム連携

    IID統合管理「Jix@s」や位置情報管理「iZCOM」、生産・販売統合管理「UNIMEX」、その他基幹システムなどで蓄積されたデータを分析し、経営活動を支援する連携モデルをご紹介しました。


ニュース