グリーンITアワード2010 審査員特別賞を受賞しました

「省エネ住宅の新築・改築シミュレーション3Dソフト」

DTSの省エネ住宅の新築・改築シミュレーション3D「Walk in home」は、グリーンIT推進協議会主催の「グリーンITアワード2010」の「ITによる社会の省エネ部門」で、審査員特別賞を受賞いたしました。

概要と評価ポイントについては以下の通りです。


概  要

「Walk in home」は、住宅リフォームや太陽光パネル設置といったCO2削減に役立つ方策を、3Dやグラフなどで分かりやすく提案することができる住宅プレゼンテーションCAD。

また、図面から壁・天井面積などの数量を自動検出し、住宅エコポイントも簡単にシミュレーションすることができる。

顧客にとって理解しにくい「省エネ」のメリットをこのソフトで分かりやすく表現し、個々の住宅に最適な提案を行うことで、省エネ住宅の普及を促進することができる。


評価のポイント

建築業界では、「グリーン化」の意識は必ずしも高くない。

太陽電池あるいはLEDなど、新しい技術に積極的な建築士も必ずしも多くない。

こうした保守的な業界において、新技術を設計段階で取り込もうという発想には、新規性・独自性が認められる。


グリーンITアワードの詳細


主催:グリーンIT推進協議会
後援:経済産業省


 
CEATEC JAPAN 2010 会場(幕張メッセ)でおこなわれたグリーンITアワード受賞式の様子(2010年10月5日)と盾


DTSは、より環境負荷が少ない省資源・省エネルギー型の「持続可能な社会」の実現のために、今後も様々な取り組みを行っていきます。

ニュース