DTSの育成

若手社員×育成担当 クロストーク


創業当初から社員を大切にし、育成に力を入れてきたDTS。
2007年には育成専門の株式会社MIRUCAを立ち上げ、DTSグループの育成をより強固なものにしようとしている。実際には若手はどのような環境で成長しているのか?
若手社員のリアルなクロストークがこちら。

DTSに入社して

伴内:私たち人事部でも若手社員全員への面談をしているので、おおよそどんな仕事をしていて、どのように成長してきたかという話は聞いていますが、今日はじっくりと皆さんの話を聞かせてほしいと思います! 早いもので皆さんが入社して2年が経ちましたね。実際に働いてみて、DTSに関するイメージにギャップはありましたか?
青田:いえ、今の私のチームはコミュニケーションも活発ですし、方針の決定等も風通しの良いやり方で進んでいます。すごく活気があると感じていますね。
松本:私も明るい社員の方が多いので入社前のイメージ通りです。
伴内:では仕事の内容はどうですか?
青田:入社前は、もっと長い間プログラミングに取り組むと思っていましたが、すでに要件定義など上流の仕事にも携わらせてもらっています。1年目の早いうちから広い範囲で開発が見渡せる経験ができ、とても勉強になっています。
北吉:私はプログラミングやテストなど開発工程を行っています。でも、PCに向かって自分の仕事・技術に専念する、というより先輩やお客様など人とのコミュニケーションを積み重ねて仕事を実施する割合の方が断然多い状態です。
松本:私の仕事は配属先がお客様からの問い合わせメールや電話に対処するセクションなので、実は配属後にプログラミングは行ったことがありません。DTSでは珍しいセクションだと思います。問い合わせに的確にスピーディに対応するためにはシステムのことも業務のこともわかっていないといけないので、幅広い知識が身に付きました。入社前のイメージとは違いましたが、お客様と直に話すこの仕事は私にとても向いていると思っています。
伴内:SEの仕事が「プログラム」だけでなく、多岐にわたることを実感できたようですね。

内定者教育・新入社員研修

伴内:松本さんはDTSの育成環境に魅力を感じて入社を決めたとのことですが、まずは最初に取り組んでもらった内定者教育はどうでした?
松本:私は文系でITの知識がなかったので、まずはITパスポートを入社前に取得することを目標としました。DTSからe-ラーニングを用意してもらって、いつまでに資格を取得するかスケジュールを決めて、計画的に進めていきました。
伴内:内定者教育では資格取得によりIT基礎力をつけてもらうだけでなく、実は、松本さんがそうだったようにスケジュールを自分で立ててそれを守る、という社会人としての基礎を体得していくことも目指しています。
青田:そういえば、スケジュールから遅れそうなときは必ず事前に連絡するルールでしたね。当時、連絡を入れたことを思い出しました(笑)
伴内:入社後はすぐに新入社員研修となるわけですが、皆さんはどんなプログラムが印象に残っていますか?
北吉:新入社員研修初日に行った社会人のスタンスを学ぶ研修です。グループワークがあったのですが、自分は「このくらいできていればOKだろう」という軽い気持ちで取り組んでいました。そこを、講師の方に厳しく指摘されまして…
心を入れ替えました!
青田:私は最後の、SIプロジェクト演習が印象に残っています。はじめて実際のプロジェクトに近い“チーム”で一つのシステムを作り上げる体験が、とても楽しかったことを覚えています。いろんな意見を持つ人と議論をしあうこと、それが最後にはひとつの形となり動くこと、それらの体験にとても刺激を受けました。
松本:私もSIプロジェクト演習が「大変だった」という意味で印象的でした。納期までにどうシステムを組み立てるか、ミスをどう取り戻すかなど、仕事の大変さを知りました。
伴内:新入社員研修で得たものは、どんなもの?
青田:“ケアレスミス”についてはかなり厳しく指摘をされましたね。「それは、上司の時間を奪うことになる」と指摘されました。今でも私の仕事の中で活かされている指導だったと思います。
松本:知識やノウハウばかりではなく、一緒に学んだ人たちのなかで仲間意識が生まれたことが非常に大きかったですね。今でも連絡を取り合っています。
北吉:私も松本さん同じで、同期の仲間はとても大切です。課題へ真剣に取り組み、お互いに助け合ったり教え合ったりしたことは、今の仕事の進め方にも影響を与えていると思います。

新入社員研修の様子

OJT ~On the Job Training~

伴内:新入社員研修が終わるとそれぞれの部署に配属となり、OJTが始まりましたね?
北吉: SIプロジェクト演習で構築したシステムと、実際のシステムは規模も複雑さも段違いでした。しかし、研修で学んだ手法をもとに一段ずつ課題をクリアし理解を深めていくことができました。
青田:配属当初は次々に舞い込む仕事のタスク管理に苦労しました。
研修中は課題のみに集中することができましたが、現実の業務はそうではなく…。私の職場では備品管理なども新人の仕事なので。様々な仕事を抱え、それらに優先順位をつけ取り組んでいくことが大切だ、ということに気が付きましたね。
伴内:仕事はマルチタスクな状態は当たり前なので、それを早いうちに学べたんじゃないかな?
青田:ええ、その通りだと思います。
松本:研修で学んだビジネスマナーなど基礎的な知識もすぐに役立ちました。お客様からの問い合わせはどんどん入ってきますので。
伴内:入社初年度の3月には、1年間の締めくくりとしてOJT成果発表会がありましたね。上司が見ている前でのプレゼンで緊張したと思うけど、自分の発表を振り返ってみるとどう?
青田: 私は「仕事の優先順位付け」を自分が一番成長できたこととしてテーマに挙げました。それ以外では、提出書類などにおいて、自分ではなく上司など相手の視点からわかりやすいものをつくることの大切さを学んだ点を取り上げました。
松本:当時私は、ある案件をOJTトレーナーの方と二人一組で担当していたのですが、トレーナーが不在の際、うまく答えられなかったことを指摘されたことがありました。そこから、案件の全容をしっかり把握すること、相手が何について聞きたいのかをしっかり理解することの大切さを学びましたので、その点を発表のテーマに取り上げました。
実際仕事でもその習慣が身に付き、より精度の高い仕事ができるようになりました。
北吉:私は、仕事における計画性の重要さを学んだことを発表しました。当時取り組んでいた規模の大きな案件への取り組み、それから一緒に仕事をしている先輩との共同作業において、計画、スケジューリングを意識し、さらに効率的に仕事を行った成果をアピールしました。
伴内:ところでみなさんのOJTトレーナーはどんな人ですか?
青田:とても話やすく、優しい人です。頭ごなしに「これをやれ!」と言うのではなく、例えば報告書のまとめ方なども「このやり方とこのやり方、どっちの方が見やすいと思うかな?」というような感じで、考える機会を与えてくれた後にアドバイスをくれます。
伴内:とても良い教育を受けていますね。実はこの「教える」のではなく「考えさせる」というのが、OJTトレーナーにお願いしている育成スタンスです。教えてしまう方が時間もかからず楽なのですが、それでは新人の「考える力」が育ちません。青田さんも一度自分で考えたことで、トレーナーからのアドバイスもより深く理解できたのではないでしょうか。
松本:30代の年上の男性ですが、すぐに打ち解けました。趣味も似ていて親しみやすい人なので、なんでも相談することができますね。
北吉:今は担当する案件が変わったため、直接一緒に仕事をすることはありませんが、良き相談相手として昔以上にいろいろなことを教えてもらっています。
伴内:北吉君は今、後輩の指導もしていますよね?
北吉:そうなんです、自分だけでなく先輩社員たちにもフォローしてもらいながら新入社員を育てています。後輩を教える立場になって学ぶことも多く刺激になっています。
伴内:人を育てるって難しいですよね。DTSでは基本的には入社5年目くらいの社員にOJTトレーナーを担当してもらっています。北吉君も自分だけでと思わずチームメンバー全員で協力して後輩を成長させてあげてくださいね。
今日はありがとうございました!!

育成担当から就活生へのメッセージ

DTSでは、技術者としてプロフェッショナルになるために必要な技術的な教育もさることながら、本当の意味で「主体的に考え行動する」人材となるための育成プログラムを取り入れるなど、内容を常に進化させています。
皆さんが入社されるときにはこの座談会の内容と異なるかもしれませんが、それも楽しみにしていてください!

※内容は取材当時のものです。