DTSの仕事について

社会を支える仕事に魅かれて入社。メガバンクの大規模システム構築を通じ、金融業務の知識も兼ね備えたエンジニアに。

私の仕事内容

-銀行の基幹業務で使用されるシステムのリニューアルに取り組んでいます-
現在、グローバル決済システムの開発プロジェクトに参加しています。そのプロジェクトでの私の担当は、国内だけでなく海外の銀行も含んだ入出金処理システムのリニューアルです。銀行業務の基幹部分を支えるシステムですので、日々重責は感じます。
リニューアルするにあたって、エンドユーザーである行員の方々からは当然使いやすさの向上が期待されますが、最も重要なのは現在使用しているシステムの機能を正確に移行させること。
そのためには、現行のシステムがどのような機能で、どのようなユーザーの業務を支えてきたのかを詳細に調査することが大切です。しかし、それはなかなか難しく、金融業務について深く知ることも必要ですし、現行のシステムのプログラミングがどのような目的で記述されているのかを丹念に紐解いていくことも必要です。

私の成長とやりがい

-大規模な金融システムの開発プロジェクトの中で、着実に成長を感じています-
DTSに入社してから、一貫してメガバンクのアプリケーション開発プロジェクトに携わっています。入社間もない頃は、難易度の低い仕事から任され、できることのレベルが上がると「じゃ、次はこれをやってみようか」と、徐々に任される仕事のレベルも上がっていき、少しずつではあるものの着実に技術や経験を身につけていきました。私は入社以来、Javaというプログラミング言語での開発を中心に続けてきています。今ではJavaを使った開発においては、チームやプロジェクトメンバーの中でも知識と力のある存在と一目おかれるほどのスキルが身についていたと自負しています。

-キャリアを積み、周りをリードする立場に。リーダー目指して奮闘中です-
今では、自分のやるべきことを能動的にこなしていくことだけではなく、後輩を引っ張っていくことも求められるようになってきました。手がける開発内容の難易度もあがっていますので自分自身の日々の勉強も欠かせません。しかし、国内外にわたってサービスを展開しているメガバンクの大規模なシステムに関わり、着実にスキルアップできていることに、とても大きなモチベーションを感じています。
また、実際に現行システムのプログラムを紐解く中で、「こんな細かいところまで意識してつくるのか!」と驚くことがよくあります。そうした細かいこだわりと努力の積み重ねによって、世界経済を裏で支える巨大で複雑な金融システムを作り上げているとの実感から、自分の仕事に誇りを感じています。
今後も、金融領域の知識を身につけて専門性を高めつつ、よりシステムの開発工程全体に関われる立場で仕事ができるようチャレンジしていきます。

私が入社を決めた理由

-社会を支えるような大きな仕事に取組めること、「文系でも安心」と背中を押されたことで入社を決意-
文系の私がエンジニアの道に興味を持った背景には、「まだ自分が知らない、広い世界を見てみたい」という想いがありました。中でも社会を支える金融システムなど、規模の大きな開発に取り組めるチャンスがある会社に興味をひかれ、その中にDTSの社名がありました。
同業他社と迷いましたが、DTSがより幅広い領域の開発に取り組んでいること、面接選考のプロセスで私自身をしっかりと理解してくれていると感じられたことから、入社を決意しました。「文系でもきちんと育てるから、大丈夫。安心してね。」と背中を押されたことも、大きな決め手になりました。