実績紹介

ASTERIA WARP と DaTaStudio@WEB の連携で レポート作成作業を自動化し、受注業務効率化を実現
顧客からの受注内容が関連システムへ正しくエントリーされているかを確認するとともに、エントリーの進捗状況を確認。
クライアント 通信事業者
ソリューション ASTERIA WARP ・ ETLツール ・ DaTaStudio@WEB ・ BIツール
導入前の課題

・お客様から注文を受けた受注情報を、顧客・設備・料金などの各システムにエントリーされているかを確認するのに、各システムより受注データーをエクスポートし手作業で突き合わせを行っていた。
・受注の進捗状況を把握する為、各システムよりデータをエクスポートし、手作業で集計していた為、時間と手間がかかっていた。

導入の背景

DTS は、顧客・設備・料金などの各システムからのデータを蓄積・分析・加工して、受注情報の突き合わせや進捗管理レポートを作成する為 BIツールである DaTaStudio@WEB を提案した。顧客・設備・料金などの各システムからのデータを収集し、データのクレンジング・加工を行う ETLツールとして、ASTERIA WARP を提案した。 ASTERIA WARP と DaTaStudio@WEB により、他社製のコーディングを伴う開発を必要とするETLツールやBIツールとは異なり、コーディング不要で短期間で導入を行うことが出来た。

 

asteriawarp-datastudio_01.png

導入の効果

【ノンコーディングで短サイクルに対応】

各システムからのデータ連携をノンコーディングで実現、短サイクルのシステムやサービスの変更に対応

【自動化で作業効率を改善】

DaTaStudio@WEB の定期レポート機能を使うことで、毎日手作業で集計していた作業を自動化

【新たな業務分析を実現】

各システムからのデータが一つのデータベースに集約されている為、自由検索機能を使いこれまでとは異なる業務分析が可能に。

実績紹介