実績紹介

Excelを活用したシステムの受注受付業務を ASTERIA WARPで自動化し、 サービス提供スピードを向上
営業現場で扱いやすいExcelファイルをそのまま申込受付業務に活用し、必須記入項目のチェックと不備項目の指摘までを自動化、申込受付業務の大幅な効率化を実現した。
クライアント 通信事業者
ソリューション ASTERIA WARP ・ EAIソリューション ・ Excel帳票
導入前の課題

・それぞれのサービスによって申込書の記入項目が違い、不備があれば営業担当者に戻されます。チェックと修正には数時間から数日を要していた。
・同じサービスで数十回線を同時に申し込む時など、同じような書類を数十通も作成しなければならなかった。

導入の背景

かつては、バックオフィスへFAXで送付された申込書を担当者がチェックした後に、それぞれのサービスシステムへ必要な情報を入力していた。はじめに、申込書をExcelで作成し、Excelファイルのままバックオフィスへと送信するように改善した。 し かしながら、バックオフィスにおけるチェック作業や、各サービスシステムへの転記作業は依然として残っており、現場の業務負荷を増やさぬようExcel の申込書を扱えることと、同一顧客からの複数回線申し込みをリスト形式で一括処理可能で、サービスごとの必須記入項目を判別して自動チェックできること、 それらのデータをサーバ側のデータベースで管理できることがシステムに求められた。

解決策

DTSは、Excel を直接読み書きできる製品である ASTERIA WARP をソリューションとして提案し、これまで問題であった申込書の不備をすぐにチェックできるよう、不備が見つかったセルに背景色をつけて担当者に戻す仕組みを考案しました。
また、サービス種別は1000種類以上、チェック項目は4万項目になる商品の申込書の作成に関してもサポートを行いました。
また、27を超えるサービスシステムとのEAI連携を行うことで、ASTERIA が得意とするシステム間のデータ流通にも対応しました。

 

asteriawarp_01.png

導入の効果

【Excelファイルの取り込み】

営業現場で扱いやすいExcelファイルをそのまま申込受付業務に活用

【自動化】

必須記入項目のチェックと不備項目の指摘までを自動化

【システム間連携】

27を超えるサービスシステムとデータ連係を行うことで、手投入だった作業が改善できた

詳細な事例をインフォテリアのWebサイトに掲載してあります

実績紹介