【出展報告】国際金融イベント「Sibos」に初出展

2018年10月22日(月)から25日(木)に渡り、オーストラリア(シドニー)で開催された世界有数の 国際金融イベント「Sibos(サイボス)」に初出展いたしました。各国より遠路はるばるご来場頂きました方に、心よりお礼申し上げます。

Sibosは国際銀行間通信協会(SWIFT)により毎年開催されている国際金融イベントです。 今年も金融業界をリードする世界各国の金融機関から約7,500人ものエグゼクティブが集結し、出展企業によるブース展示や、 注目を集めるトピックや最新動向についてのセッション、カンファレンス、その他交流を深めるためのイベント等が連日行われました。

今年のSibosのテーマ「Enabling the digital economy(デジタル経済の実現)」の元、各出展企業ブースやセッションでは 「ビッグデータ、AI、ロボット、サイバーセキュリティ、SWIFT gpi」といったキーワードが注目されました。 一方で近年注目を集めているブロックチェーンについては、昨年までと比較し取り上げている企業は少なく 「目新しい技術」から「具体的なプロダクトの展開フェーズ」へ移行している印象がありました。

今回はアジア開催ということもあり、例年通りアジア(APAC)からの参加者が多くその数は全体の45%に及びました。 その他にも、アフリカ・インド等といったEMEA(ヨーロッパ、中東及びアフリカ地域)からの来訪者様も多く、SWIFTがグローバルワイドにまさに "金融機関システムの中核"を担っていることを体現していました。





DTSグループの出展内容

DTSグループは過去2回に渡りSibosにビジターとして参加し、金融業界の最新情報の収集や出展企業様方との 関係構築に努めてまいりました。2018年のSibosでは、グループ会社であるNelito Systems(インド・ムンバイ)※1と 初の共同出展を行い、世界64ヵ国から300名を超える来訪者様に自社ソリューションのご紹介・ご提案をし、高い評価をいただきました。 日本からは、メガバンク三行様とNTTデータグループ様と弊社の5ブースが出展いたしました。


※1...2017年にDTSグループに参画した、金融機関向けソリューションを多数保有するソフトウェアカンパニーです。
   また、SWIFTからゴールド認定を受けた社員も多数所属しています。





展示ブースでは、以下の製品を出展いたしました。



AMLion(アムリオン)「マネー・ローンダリング対策ソリューション」

― Sibos 2018では、グローバル金融機関から高機能と評価を受けました ―

FATF第4次対日審査に対応したAI活用のマネー・ローンダリング対策製品です。 法定通貨と仮想通貨のどちらにも対応しており、仮想通貨交換所向けに国内初一号案件の実績がございます。 お客様のご要望に合わせ、機能を組み合わせてご提供いたします。

※商標登録出願中
詳細は上記画像をクリックしてください



FinCraft(フィンクラフト)「金融機関向けコンポーネント群」

― アジア・アフリカ等幅広い国の金融機関から、高い関心をいただきました ―

インド金融機関に多数の導入実績がある金融機関向けコンポーネント群です。コアバンキングシステムをはじめ、 融資管理システム、データ管理ソリューションを提供しております。近年、インド国外にも販売実績がございます。

詳細は上記画像をクリックしてください
(外部リンク)


最後に

DTSグループは2007年から、グローバル展開する日系法人企業のお客様へのSIサービス提供を本格的に開始し、 金融業を中心にお客様をご支援してまいりました。また、近年では通信業、小売・卸売業、製造業等の幅広い分野で サービスを展開しております。現在拠点は、ニューヨーク、ロサンゼルス、上海、ハノイ、ムンバイの5都市ですが、 今後もお客様のご要望に合わせ、北米、南米、アジア、EMEAなどで海外拠点を増やすことを検討しております。







皆様のご期待に沿えますよう、社員一同努める所存でございますので、今後ともご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

お問い合わせ

株式会社DTS
金融事業本部 金融企画部
TEL:03-6914-5019
FAX:03-6914-5029
E-mail:kin-global@dts.co.jp

サービス