経営分析から税法改正への対応まで。
業務革新を促す最適なシステムをご提案致します。
1) 経営部門において・・・、
  • 手元にある経営分析資料は、データが古すぎませんか。
2) 他部門(経理以外)において・・・、
  • 各部門のデータが散在して、まとめるのに多くの時間を費やしていませんか。
3) グループ企業において・・・、
  • 連結財務諸表の作成のために多くの時間を費やしてませんか。
4) 経理部門において・・・、
  • 経営戦略資料の作成に無理や無駄がありませんか。
  • 電卓を使用しての帳簿付けは面倒ではありませんか。
  • 仕訳の転記や金額合わせに多くの時間を費やしていませんか。
  • 決算書作成だけなのに、今の会計事務所に高い顧問料を払っていませんか。
  • 今使っている会計ソフトの使い勝手の悪さに不満を持っていませんか。

また、既存の会計システムを見直し、更改することにより、以下のような導入効果を得ることができます。

  • 会計規則や税法改正への対応
  • 企業規模や業務拡大に伴う勘定科目不足やシステムリソース不足への対応
  • 古いシステム機器の入れ替えによる、システム保守費用の削減

サービス