製造現場管理から生産管理へシフト

製造現場の効率化を図るための生産管理機能はもちろん、販売、物流、財務会計などとの連携を 視野に入れたシステムをご提案します。

製造に関する情報(ヒト・モノ・カネ)を一元管理することで、素早い経営判断を可能とし、 攻めの生産管理を実現します。

生産管理

DTSがお手伝いできること

投資対効果の見えるシステム構築をお手伝いします。
生産管理システムと一口に言っても、市場には多数の製品(パッケージ、サービス)が存在します。 DTSはこれらの製品からお客様に最適なものを選択し、ご提案することが可能です。 パッケージありきのシステム構築ではなく、お客様の「あるべき姿」を実現するシステムをご提供します。

DTSがお手伝いできること

システム導入の効果

システム導入=(イコール)業務改善ではありません

生産管理システムは市場と製造現場をつなぐ重要な役割を担います。

工場と工場を取り巻く関連部署の業務フローをしっかりと把握して「情報とモノ」の流れを スムーズにし、ムダをなくすことが大切です。

システム導入の効果

他にも・・・

  • 生産管理システムが独立しているので、在庫や利益をリアルタイムに把握できない
  • 進捗管理は担当者任せで納期が守れない
  • 特定の人や工程に負荷が偏っている
  • 在庫管理があいまい、不良在庫や欠品が増えている
  • 納期の問合せにタイムリーに回答ができない
  • システムが実情と合わず、伝票発行機と化している
  • 会計システムや販売管理システムから独立、データ連携に手作業が欠かせず効率が悪い
生産管理システムを見直して、情報・モノの流れの無駄をなくす
  • 製造部門、販売部門、管理部門の間で一貫したデータ管理をする
  • 社内で在庫情報を共有することで、不良在庫や欠品を防ぐ
  • 生産の進捗をタイムリーに把握、納期遅れをなくす
  • 生産ロットごとの原価を管理する
  • 工程別、製品別の歩留まり率を把握する

サービス