医療ソリューション

  

DTSは、ITサービスの実績・ノウハウを生かし、医療分野へのサービス展開を拡大しています。

  

その中で、現在は医療機関の課題を解決する新たな医療ソリューションを提供しています。

  

皆様の医療機関・診察現場で抱える課題がございましたら、お気軽にご相談ください。



リウマチ診療支援システム




リウマチ診療支援システムは、ICTを活用し関節リウマチの診療を手厚くサポートするシステムです。


【診察の効率化を実現】
 ・ 患者さんの待ち時間を有効活用
   患者さん自身が行うスマートデバイスによる問診はどなたでもかんたんに入力でき、診察待ち時間に診療に必
   要な情報を取得できます。
 ・ 診療時間の有効活用
   医師は診察時に問診結果がすぐに確認でき、患者さんへの病状説明も容易になります。
 ・ 各種スコアの自動計算
   DAS28、SDAI、CDAI(※)などの算出、グラフ表示を自動で行い、患者さんの状態遷移を客観的かつ容易に
   確認できます。


【診療内容をサポート】
 ・ 治療計画の策定をサポート
   投薬情報を簡単に入力でき、患者さんの状態遷移との相関がひと目で把握できるため、効果的な治療計画策定
   をサポートします。
 ・ 問診・診療データを履歴管理
   過去の問診結果、病状まで簡単に見ることができ、大事な情報の見落としを防ぎます。
 ・ 患者さんへの病状説明をサポート
   病状の変化をグラフで経時的に確認できるため、患者さんへの病状説明を視覚的に訴えることができます。
 ・ 信頼度アップ
   患者さんへのわかりやすい説明が可能となり、患者さんの医師や医療機関に対する信頼度を高めます。




※DAS28、SDAI、CDAI:関節リウマチの進行度や症状、患者さんの機能障害の程度を判断する際に必要なデータ



リウマチ診療支援システムの特長

疾患活動性スコアを自動算出

医療現場で腫脹・圧痛関節数のカウントや疾患活動性スコア(※)を手計算で算出している点に着目。

リウマチ診療支援システムでは、これらを自動算出可能です。



※疾患活動性スコア:関節リウマチの進行度や症状、患者さんの機能障害の程度等を総合したもの。



診察データをわかりやすく可視化

医師は患者さんの状態の訴えを正確かつわかりやすく確認できます。

疾患活動性スコア、血液検査情報、投薬効果などを一目で確認できます。

グラフは時系列に表示され、医師は診察時に患者さんの疾患活動性スコアや治療効果を高い精度で客観的に評価できます。







診療データの活用

蓄積された診療データをファイルに出力し、目的に合わせて集計することができます。

また、疾患活動性スコアのグラフはPDF出力し、患者さんにお渡しすることもできます。

グラフや蓄積されたデータは医師の研究や論文に活用できます。




リウマチ診療支援システムの全体像


リウマチ診療支援システムの全体像は、以下の図のとおりです。




展開




 ・ 診察効率の向上

   リウマチ診療に必要な各種情報を自動連携し、診察効率の向上を実現します。








 ・ 研究テーマに沿ったデータ収集

   地域の医療機関を連携することで、均質的なデータ収集が可能になるため、研究テーマに沿ったデータの蓄積
   が可能になります。


 ・ 地域医療に新たな特色を

   地域における関節リウマチの特徴やその他要因による影響を検討し、地域医療に新たな特色を打ち出すサポー
   トをします。







お問い合わせ

株式会社DTS
社会事業本部 公共事業部 医療ソリューション営業担当
TEL:03-6452-9922

サービス