RPAに適した業務とは?

RPAはあれもこれもと導入すればよいわけではありません。高い費用対効果を得るためには例えば下記のような業務適用のコツがあります。DTSでは、経験豊富なコンサルティングエンジニアがお客様の業務を分析します。

     
    

RPAに適した業務とその理由

伝票の入力やメール送信などは、小粒の作業のため投資効果が悪くシステム化が後回しになってしまっている RPAなら低コストで自動化でき、投資効果も見込める

複数のシステムが連携しているとシステムを連携させるために連携先業務システムへの影響調査が必要となり、大量のコストがかかってしまう RPAなら連携先システムを変更することがなく、業務の自動化が可能

業務プロセスが頻繁に変わる業務は業務の進め方が変わるたびにシステムの変更も必要となり、手作業で対応している RPAならタスクや帳票の項目などの変更は、ユーザー部門で短期間に作業が可能


RPA導入の流れ

DTSのRPAソリューションは、お客様業務の見える化・自動化・改善を徹底的にサポートします。

    

導入の流れ

適用業務選定

お客様の業務を見える化・分析し、より導入効果の高いポイントを見つけ出します。

導入製品選定

多様な製品から、お客様の業務内容や規模に合った製品を選定します。

開発・導入

要件に沿ってRPAの業務適用(タスクシナリオ作成)を行います。必要に応じて、連携する業務システムの改善もご相談ください。

操作レクチャー

お客様でいつでもRPAタスクシナリオの変更や追加ができるよう、RPA操作をレクチャーします。

その後の業務改善も

導入時も導入完了後も、業務改善やそれに伴うシステム改善を継続的にサポートしていきます。

    

DTS RPA ソリューションの特徴

コンサルティングツールで業務の見える化を行い、自動化の対象業務を選定していきます。お客様1社1社の業務に合わせ、長年にわたるシステム開発の経緯に裏付けされた最適な改善方法を提案していきます。複数のRPA製品をそろえ、各製品に精通した技術者が最適なRPAを選択・導入していきます。導入からサポートまで、一貫した支援体制を提供します。

※価格については、下記、問い合わせフォームよりお問い合わせください。



最適な製品を選ぶ


DTSではRPA製品を複数ご用意しています。
お客様の業務規模や運用方針、ご予算に合わせて最適な製品を選定します。


    

導入形態例

デスクトップ型でスモールスタート 集中管理型で全社のロボットを一元管理
  • 個々のPC毎にロボットをインストールする
  • 比較的短期間で導入が可能
  • 小規模向きで、規模が大きくなると費用対効果は薄れる
  • セキュリティは個々のPC管理レベルと同様となる
  • サーバーに複数のロボットをインストールし、集中管理することができる
  • 導入にはある程度の期間が必要
  • 大規模向きで、台数が多くなるほど費用対効果は高くなる
  • 高セキュリティで冗長性に優れる
    

DTSの取り扱い製品

Automation Anywhere はグローバルで高いシェアを誇るRPA製品です。多機能な上、機械学習による柔軟な動作も可能で、比較的大規模な環境に向いています。 UiPath は国内外で多くの導入実績を持つRPA製品です。開発ツール、実行ツール、管理ツールに分かれており、ニーズに合わせた導入が可能です。 WinActor は低価格でスモールスタートに向いているRPA製品です。WinDirectorを導入することにより、集中管理型へステップアップすることも可能です。


お問い合わせ

株式会社DTS
RPAソリューション担当

サービス