様々な情報漏洩ルートをまとめて監視。
業務の流れを変えず、管理者の業務負荷を大幅に軽減します。

情報漏洩対策は十分ですか?

1.社内外からのアクセスに対して気をつけていますか?
  • 一つのユーザID、パスワードを使いまわしている。
  • 機密情報が誰でも覗ける場所においてある。
  • 無線LANのセキュリティ対策が万全ではない。
2.社外へデータを持出すとき、危険性を認識していますか?
  • データを自由に持ち帰っている。
  • データ持出しに個人所有のUSBなどを使っている。
  • 紛失した場合、中身が見られる可能性がある。
3.万が一情報が漏洩したとき、追跡調査できますか?
  • 誰がいつアクセスしたか、ログを見つけづらい。
  • 不正な侵入があったとき、発見までに膨大な時間がかかる。
  • ログを監視していることを社員が認識していない。
DTSの「情報漏洩対策ソリューション」に
おまかせください

1.社内外からの不正アクセス防止

アクセス・外部接続を許可された人だけが、正しくデータを操作する仕組みをご紹介致します。

2.機密データの外部持ち出しを制限する方法

機密データを持ち出す際の漏洩から守る為の仕組みをご紹介致します。

3.機密ファイルの経緯を追跡

ログを管理する事により、不要なアクセス・不要な持ち出しの抑止力を向上致します。

お問い合わせ

株式会社DTS
ソリューション事業本部
ソリューション企画営業部
TEL:03-3437-7524

サービス