機能紹介 利用シーン
PC端末におけるユーザ操作の監視・制御
  • 暗号化されていないファイルを添付したメールは正社員以外の宛先には送信させたくない。
警告情報はリアルタイムに監視サーバへ通知
  • 機密情報は外部デバイスに書き込ませたくない。
普段と異なる不審なユーザ操作を検知
  • 情報漏洩の危険性がある通信アプリケーション(Winny等)の使用を禁止したい。
警告ログ・監査ログ(操作ログ)の蓄積
  • 操作の制御は業務効率の観点からできないが、操作履歴は全て取っておきたい。
ファイルの暗号化
  • 抑止効果として、違反行為を行った社員にはポップアップメッセージを出して注意を喚起したい。

上記以外にも様々なシーンでの利用が考えられています。

  • ※CWATは(株)インテリジェントウェイブの日本国およびその他の国における商標または登録商標です。

サービス