【背景】

●「グループ企業向けリースシステム」と「一般・個人向けリースシステム」は、同様な業務スキームでありながら、事務処理やシステムが異なっており非効率であった。

【ミッション】

●「グループ企業向けリースシステム」を「一般・個人向けリースシステム」に統合すること
●プロジェクトの安全性を確保するため、フェーズ1として「一般・個人向けリースシステム」のリホスト、フェーズ2として「グループ企業向けリースシステム」を実施すること

【移行前後のプラットフォーム】

移行前:
(フェーズ1)NCR5100、Sybase、TOPEND
(フェーズ2)富士通M780、AIM、COBOL
移行後:
(フェーズ1)Sun Fire、Sybase、Tuxedo
(フェーズ2)Sun Fire、Sybase、Tuxedo

【イメージ】

イメージ図

サービス