【背景】

●初期開発からかなりの時間が経過しており、現状業務に照らしシステムが陳腐化していた
●合併対応により、両社システムを統合する必要があった

【ミッション】

●現状、あるべき姿の業務用件を定め、陳腐化したシステムを見直す
●合併による統合システムの構築

【移行前後のプラットフォーム】

移行前:
IBM390、COBOL
移行後:

IBMRS6000、AIX、ORACLE、C、Java

【イメージ】

イメージ図

サービス