CipherTrace



CipherTraceプラットフォーム:暗号資産AMLソリューション

ciphertrace_logo_awarded.jpg

 CipherTraceのプラットフォームではAML調査およびコンプライアンス遵守に役立つ、暗号資産ブロックチェーン上には存在しない実用的な属性情報(アドレスやトランザクションのオーナー、リスク値等)や、それらの情報に基づいた分析情報を提供します。 オープンソースとクローズドソースのインテリジェンス(情報収集)を統合し、機械学習アルゴリズムを活用して大量にある情報を迅速に集約・相関させ、実用的かつ幅広い情報をWebやAPIなどのインターフェースを通して提供することにより、素早いリスクへの対応および疑わしい取引の証拠収集を可能とします。



想定されるユーザー

  
  • ・暗号資産交換所
  • ・捜査当局、財務調査官
  • ・規制当局、監査人
  • ・暗号資産ヘッジファンド
  • ・銀行、証券会社
  • ・マネーサービス事業者

ご利用によるメリット

  
  • ・法的リスクの軽減
  • ・暗号資産AML規制の遵守
  • ・取引のリスク評価、検知の自動化
  • ・疑わしい取引の追跡および報告書の作成 (SAR)
  • ・違法な資金源との取引を検出
  • ・盗難コインが取引されないように阻止

ソリューションが提供するキュレーションデータ

  

暗号資産アドレスやトランザクションの属性情報


 暗号資産取引においてミキサー、ランサムウェアやダークウェブ等に関わるリスク情報を含む、暗号資産エコノミー全体の情報を収集し、この膨大なデータを利用してアドレス、ウォレット、エンティティに対して属性付けを行います。  CipherTraceのアナリストは毎週150万件を超える属性情報を追加しておりアクティブインテリジェンス、オープンソースインテリジェンス (OSINT)、プライベートインテリジェンスから得られた属性データをこのプラットフォームに統合しています。



データ収集元


  • ・一般に公開されている情報
  • ・ダークマーケット、ディープウェブのサイト
  • ・ハニーポット、その他のアクティブキャプチャソース
  • ・捜査当局、規制当局を含む信頼できるコミュニティ
  • ・CipherTraceのCrypto Asset Threats Labs
  • ・フィッシング対策協議会のeCrime Exchange (eCX)- 1500以上のソースを含むデータフィード

機械学習アルゴリズム、高度な統計情報分析およびクラスタリング手法に基づき大規模なデータ集積から有意性のある情報を抽出します。



危険なウォレット、アドレスに関するリスク値


 CipherTraceのアルゴリズムは、世界中の暗号資産交換所、ATM、ミキサー、マネーロンダリングシステム、ギャンブルサービス、既知の犯罪者アドレスをプロファイルし、トランザクションを評価し、膨大なデータの相関性に基づいたアドレスやトランザクションのリスク情報を提供します。

attribution.png

エンティティのリスクプロファイル情報


 暗号資産エコシステムにおけるエンティティ(暗号資産交換所、ダークマーケット、ギャンブルサービスなど)毎にトランザクション情報を収集分析し、それぞれのエンティティにおけるリスクエクスポージャーをアナリティクス情報として提供します。規制当局では交換所のモニタリング、交換所では自身のモニタリングとして活用することにより、全体を俯瞰したリスクの管理が可能となります。

monitor.png

ご利用手段

  

ユーザビリティの高いWebインターフェース


 暗号資産エコシステム全体を通じて、アドレスやトランザクションの高精度な属性情報を基に、インタラクティブなグラフ上で資金の流れを時系列で追跡することができます。また、ユーザーはこのインターフェースから取引履歴の前後を自由に精査し、疑わしい取引の発見、追跡および高リスク取引の報告書作成が可能となります。

trace.png

コンプライアンス作業を自動化する高速API


 CipherTraceの独自APIは、アドレスとトランザクションに対して実用的なリスク評価を提供します。その情報に基づいて、ユーザーは顧客に対し、自社AMLポリシーおよび法律規定違反に対する調査の必要性を判断できます。 さらに、このAPIは FinCEN(米国金融犯罪執行機関連絡室)を含む規制当局が要求するSAR(疑わしい取引報告)等の作成に必要なレベルの詳細情報を提供します。



OSINTツールMaltegoと連携


maltego.png

 Paterva社が提供するOSINTツールMaltego上でCipherTraceのオープンソースやプライベートインテリジェンスから集積した暗号資産インテリジェンスデータフィードをシームレスに活用可能となるトランスフォームを提供します。暗号資産の匿名性を無くし、捜査官や研究者にとって様々な違法行為に関する証拠や手掛かりとなる情報を提供します。

導入事例

  

国内外において数多くの実績あり。
以下がその一例


海外-暗号資産交換所、ヘッジファンド、捜査機関、規制当局等

Binance

Malta Financial Services Authority


国内-暗号資産交換所、捜査機関等

楽天ウォレット株式会社

・株式会社DMM Bitcoin


CipherTraceについて

  

 CipherTraceは、暗号通貨アンチマネーロンダリング(AML)/テロ対策資金調達(CTF)、ブロックチェーンフォレンジック、暗号脅威インテリジェンス、および規制ソリューションを開発しています。 主要な暗号資産交換所、銀行、監査人、規制当局およびデジタルアセット事業は、規制要件の遵守、金融犯罪の調査、および暗号資産エコノミーへの信頼を構成するためにCipherTraceを使用しています。 2015年に、サイバーセキュリティ、eCrime、資金決済、銀行取引、暗号化、仮想通貨に関する深い専門知識を持つ経験豊富なシリコンバレーの起業家によって設立されました。 CipherTraceは、主要なベンチャーキャピタル投資企業および米国国土安全保障省によって支援されています。 詳細については、www.ciphertrace.comをご覧ください。

尚、弊社はCipherTrace製品の国内販売代理店となります。

お問い合わせ

株式会社DTS
金融事業本部 金融企画部
TEL:03-6914-5019
E-mail:amlion@dts.co.jp

サービス