AML業務やコンプライアンス遵守および犯罪捜査に役立つ、暗号資産ブロックチェーン上には存在しない実用的な属性情報(アドレスや取引のオーナー、リスク情報等)や、それらの情報に基づいた分析情報を提供します。本製品は主に暗号資産交換所、捜査当局、規制当局、銀行、マネーサービス業者、特定事業者等のお客様にご活用いただいております。なお、弊社はCipherTrace社製品の国内販売代理店です。

solution
overview

ソリューション概要

本製品が提供するキュレーションデータ
オープンソースとクローズドソースのインテリジェンス(情報収集)を統合し、機械学習アルゴリズムを活用して大量にある情報を集約・相関させることで実用的かつ幅広い情報を提供します。ミキサー、ランサムウェアやダークウェブ等に関わるリスク情報を含む暗号資産エコノミー全体の取引情報を分析し、アドレス、ウォレット、エンティティに対して属性情報を付与しているため、より素早いリスクへの対応および疑わしい取引の証拠収集が可能です。

主なデータ収集元

    ・ネット上の公開情報
    ・ダークマーケット、ディープウェブ
    ・捜査/規制当局からの情報提供
    ・ハニーポット等
    ・CipherTrace社のCryptoAssetThreatsLabs
    ・フィッシング対策協議会(APWG)

characteristic

特長

  • 1.

    アドレスや取引の属性情報

    専門アナリストによって毎週150万件を超える属性情報を追加しており、厳密に精査されたインテリジェンスをプラットフォームに統合します。

  • 2.

    危険アドレスや取引のリスク情報

    世界中の暗号資産交換所、ATM、ミキサー、マネーロンダリング、ギャンブルサービス、既知の犯罪者アドレスをプロファイルし、膨大なデータの相関性に基づいたリスク情報を提供します。

  • 3.

    リスクプロファイル情報

    収集・分析された情報に基づく各エンティティのリスクエクスポージャー情報を提供します。
    規制当局における交換所のモニタリング、交換所では自身のモニタリングとして活用可能です。

  • 4.

    ご利用手段

    操作性の高いWeb UI、作業を自動化する高速API、OSINTツールであるMaltego(トランスフォームを提供)の3通りを提供します。

use case

ユースケース

課題

  • 暗号資産アドレスや取引のリスク判定
  • 暗号資産取引の追跡
  • 規制当局への報告書の作成

解決

  • 法的リスクの軽減、暗号資産AML規制の遵守
  • 疑わしい取引の追跡および報告書の作成 (SAR)
  • 違法な資金源との取引を検出
  • 盗難コインが取引されないように阻止

other
overview

その他概要

CipherTrace社が提供する操作性に優れ、直感的にご利用可能なWebインターフェース

Paterva社が提供するOSINTツールMaltegoと連携

機能詳細

①ユーザービリティが高いWeb UI
暗号資産エコシステム全体を通じて、アドレスや取引の高精度な属性情報を基に、インタラクティブなグラフ上で資⾦の流れを時系列に沿って追跡することが可能です。

②コンプライアンス作業を自動化するAPI
CipherTrace社の独自APIは、アドレスや取引に関する実用的な属性やリスク情報を提供します。その情報を基にユーザーは対象顧客のAMLに関する調査の必要性の判断が可能です。

③OSINTツールMaltegoと連携
Paterva社が提供するMaltego上で、CipherTrace社のオープンソースやプライベートインテリジェンスから集積したデータフィードを、シームレスに活用できるトランスフォームを提供します。

④国内外における豊富な導入実績
海外-暗号資産交換所、捜査機関、規制当局等
   事例紹介:Binance

国内-暗号資産交換所、捜査機関等
   事例紹介:楽天ウォレット様

CipherTrace社について

CipherTrace社は、暗号資産AML/CFT、ブロックチェーンフォレンジック、暗号脅威インテリジェンス、および規制ソリューションを開発しています。2015年にサイバーセキュリティ、暗号資産、暗号化、eCrime、資金決済、銀行取引などに関する深い専門知識を持つシリコンバレーの起業家によって設立され、主要なベンチャーキャピタル投資企業および米国国土安全保障省によって支援されています。
CipherTrace社公式サイト

お問い合わせ

contact