SAP人事システムとe-Govをワンストップで連携

solution
overview

ソリューション概要

eG-ConnectorとはSAP人事システムとe-Gov(電子政府の総合窓口)を自動連携する外部連携APIです。本ソリューションを使用することにより、SAP人事システムからワンストップでe-Govと連携できます。

characteristic

特長

  • 1.

    SAPから簡単に申請

    SAP人事システムで作成した申請データをSAP B2A Manager上でのオペレーションのみでe-Gov電子申請に連携することができます

  • 2.

    e-Govの公文書も一元管理

    e-Govより発行された公文書をSAP人事システムに連携し、SAP B2A Manager上にて管理することができます

  • 3.

    簡潔な業務プロセス

    SAP人事システム内だけで業務オペレーションを完結させることができます

use case

ユースケース

課題

  • SAP人事システム外でのオペレーションが必要となり、複数システムを横断した複雑なプロセスとなる
  • 公文書はSAP人事システム外にて管理。また従業員データを人事システム外にて多重管理しないといけない
  • 他ソリューションの利用料発生。また他ソリューションへのデータ連携機能の構築費用が発生
  • ソリューション内外で個別のデータ編集が可能で、データ改ざんによる不整合のリスクが心配

解決

  • SAP人事システム内でオペレーションが完結し、簡潔な業務プロセスとなる
  • e-Govより発行された公文書もSAP人事システム内で管理可能。SAP人事システム内で従業員データ管理
  • eG-Connectorの利用料のみ発生
  • 内部統制を意識し、安易なデータ修正を抑制

other
overview

その他概要

導入メリット

検討プロセス

オプション対応

DTSでは、現行利用機能の改修や貴社要件に見合う新規機能の開発など、機能拡張についてのコンサルティング・システム改修支援も行うことが可能です。

・標準機能拡張(BAdI実装): 標準機能に対する拡張機能を行います
・アドオン・ベストプラクティス機能改修: 現行で使用している機能を、B2A Managerにデータ連携が可能なように改修します
・新規アドオン機能開発 : B2A Managerにデータ連携をする機能を構築します
・外部作成データアップロードツールの提供 : Excel等で外部作成したデータをSAP上にアップロードし、B2A Managerにデータ連携をする機能を提供します

補足

eG-Connectorは2018年12月13日に総務省の最終確認試験に合格致しました。
(総務省の最終確認試験は、民間事業者が開発したソフトウェアを使用してe-Gov電子申請システムが正常動作確認することを目的としております。民間事業者が開発したソフトウェアの正常動作の確認を目的とするものではありません。)

お問い合わせ

contact