DTSグループは、社員一人一人の多様性を尊重し、自律性を高めていくことを目指し、ダイバーシティを推進しています。
性別、年齢、国籍、障がいの有無、雇用形態などの多様性を活かし、企業の競争力に繋げる経営を行ってまいります。

女性活躍の推進

女性社員の人数と女性比率の推移グラフ 2015年16.5%から2018年17.8%に

DTSは従来より、女性社員比率や女性管理職比率が低いことが経営上の課題でしたが、中期経営計画において、「女性社員比率」「女性管理職候補の育成」「女性管理職の育成」の3つの達成目標を掲げ、女性活躍推進に取り組んでおります。
とくに女性活躍を促進する上で、大きな課題である就労継続や職場活躍度の男女格差を解消し、一人一人の能力を最大限発揮するため、働く時間や場所についての環境整備や、管理職向け研修、交流機会の創出、役割・業務アサイン状況の分析に基づく女性社員の育成および登用機会創出などを通じて、組織全体の活性化や成長を促していきます。

女性活躍推進法に基づく「えるぼし」認定を取得

えるぼし ロゴ

DTSは、女性活躍推進に関する優良な取り組み実績が認められ、厚生労働省が推進する「えるぼし」の2段階目の認定を2019年10月に取得しました。DTSは、えるぼし認定の5つの評価項目のうち、「1.採用」、「2.継続就業」、「3.労働時間等の働き方」、「5.多様なキャリアコース」の4つが評価されました。
女性の活躍状況に関する当社の情報詳細は、厚生労働省の「女性の活躍推進企業データベース」に掲載しています。
厚生労働省 女性の活躍推進企業 データベース(当社データ)

次世代育成支援の推進

DTSでは、男女問わず、社員の育児への主体的な参画を目指して取り組んでいます。当事者だけでなく、周囲も含めて仕事と育児の両立に対する理解や実践を会社・組織に浸透させることにより、社員一人一人が自律的な働き方改革に取り組み、組織全体の生産性向上を実現していきます。

実施事項

男女を問わず出産を控えている社員、上長、及び仕事と育児の両立に関心のある社員を対象に「次世代育成支援セミナー」を毎月開催

<テーマ>

①産休・育休取得前セミナー

  産休・育休に関する国や会社の制度・仕組みについて紹介

  産業医・保健師や経験を持つ社員との意見交換

②復職・両立支援セミナー

  復職時の国や会社の制度・仕組みについて紹介

  仕事と育児を両立するための会社の制度・仕組みについて紹介

  産業医・保健師や経験を持つ社員との意見交換

グローバル人材の採用

DTSアメリカ、DTS上海、DTSベトナム、Nelito、DLSEの海外拠点では、積極的に現地採用を行っています。グローバル社会においてのダイバーシティ化が進んでいます。