当社は、行動規範の一つである「人権の尊重・働き甲斐のある職場づくり」に基づき、すべての社員が心身ともに健康で、活き活きと働き、その能力を、発揮することで、個人も会社も成長し続けることを目指しています。

STEP1

健康宣言(健康企業宣言)

当社は健康宣言として、2018年11月に「健康企業宣言」※を行いました。
この結果、2020年9月30日に健康優良企業認定(金の認定)を取得しました。今後も健康保持・増進、職場環境づくりに努めます。

※「健康企業宣言」とは、企業全体で健康保険組合と協力して健康づくりに取り組むことを宣言し、一定の成果を上げた場合は「健康優良企業」として認定される制度です。

金の認定書はこちら

STEP2

推進体制

人事部内に「健康推進室」を設置し、産業医と保健師が常駐しています。
身体的な不調に関することだけでなく、メンタルヘルスに関することについても相談対応しています。また、健康保険組合等との連携や外部リソースを活用した体制を構築しています。

DTS健康経営推進体制

STEP3

健康課題の把握・計画策定

plan

以下の対応により、社員の健康課題を把握していきます。

  • 健康診断受診率の確認、要治療者の受診率の確認
  • ストレスチェックの実施
  • 残業時間・有給休暇取得率の集計
  • 生活習慣(食事・運動・睡眠)のモニタリング

健康課題を把握し、社内で優先的に取り組む課題を決め、実施計画を策定します。

STEP4

健康づくりの推進

do

これまでは重症化予防・病気の早期発見などの健康維持のための施策を優先して取り組みました。今後は健康増進に向けた取り組みも行っていきます。

からだ

  • 定期健康診断の
    受診率100%
  • 特定保健指導の推進
    産業医による
    保健指導の実施
    オンライン化
  • ハイリスク者への
    受診状況確認
    強化
  • 過重労働防止
    強化

こころ

  • メンタル
    ヘルス研修
    の対象拡大
    NEW
  • 不調者への
    早期対応
    強化

その他

  • 健康維持・増進の
    情報発信・啓発活動
  • 衛生委員会の
    活性化

STEP5

取り組みの評価・改善

check

action

取り組みについての実施状況を評価し、効果の確認、計画の改善を繰り返していきます。
健康増進の指標として、アブセンティズム※1・プレゼンティズム※2についても調査しています。

※1 アブセンティズム:個人が体調不良などにより欠勤する状態
※2 プレゼンティズム:出勤はしているが心身の健康上の問題で十分にパフォーマンスが上がらない状態

健康課題の把握

以下の活動を通じて健康課題を把握し対応を進めています。

  • 有給休暇取得率、時間外労働のモニタリング
  • ストレスチェックの実施と集団分析
  • ⽣活習慣(⾷事・運動・睡眠)のモニタリング
  • 定期健診などの結果
  • 健保組合から提供された健康に関する集計データ

⾝体の健康維持・増進

  • DTSでは保健指導を強化して、特定保健指導の受診勧奨(就業時間内の実施を推奨)、40歳未満の保健指導を実施しています。
  • 健康診断後の事後措置として、再検査・治療の必要性のある方へ受診勧奨を行っています。また、一定の基準により対象としている社員については、治療勧奨だけでなく、受診状況の把握と内服薬指導を行っています。
  • 産業医による面談を実施し、必要に応じて就業上の措置を行っています。

両立支援

  • 健康経営(社員の健康維持・増進)の観点から、治療と仕事の両立支援の取り組みを強化しています。
  • 治療が必要な社員が、業務によって疾病を悪化させることなどがないよう、事業場において適切な就業上の措置を行っています。
  • 治療に対する配慮が適切に行われるよう、関係者との調整、事業場における環境整備、社員への個別支援を行っています。
  • 社内に相談窓口を設置し、メンタルヘルス不調、がん、脳血管疾患など特に傷病を限定せず、一人一人に寄り添った柔軟な対応を行っています。
    休職者に対しては、産業医等の助言を基に復職支援プログラムを策定し、職場復帰を支援しています。
  • 育児、介護も含めた両立支援についても取り組みを行っています。
    女性活躍及び次世代育成支援の一環として実施している「産前・産後セミナー」「復職・両立支援セミナー」において、産業医や経験者、同じ境遇にある社員同士の意見交換を通じ、仕事と育児の両立の推進とともに、女性の健康課題についての理解の浸透を図っています。

メンタルヘルス

  • ストレスチェックの結果を分析し、快適職場づくりに役⽴てています。
  • 復職⽀援(休職中、復職前)として、職場復帰⽀援プログラムを策定、産業医による⾯談を⾏い、復職を⽀援しています。
  • こころの相談窓⼝として、産業医、保健師、外部カウンセラーによる相談の機会を設け4つのケア※を有効に実施しています。

※4つのケアとは・セルフケア・ライン(管理職)によるケア・事業場内産業保健スタッフ等によるケア・事業場外資源によるケア

⾷、運動、禁煙、⼼の健康に関する啓発活動

社員に向けて健康に関する様々な情報を提供、健康に関するリテラシーの向上に努めています。

  • ⾷…業務中の飲み物、⽇頃の⾷⽣活の乱れなどに対する注意喚起等
  • 運動…運動の必要性、階段の活⽤などで歩数を増やす等の周知
  • 禁煙…たばこの害についての周知、受動喫煙防⽌策等
  • ⼼の健康…相談できる職場の仕組みづくり、ストレスチェックの活⽤等

健康経営優良法人認定について





当社は、これまでの「健康経営」への取組が認められ、2020年3月2日に
「健康経営優良法人2020(大規模法人部門)」として認定されました。