住宅メーカー・ヤマダホームズ様と基幹業務システムを共同開発
自社ソリューションとして販売開始

DTSは住宅メーカーのヤマダホームズ様と2018年から住宅建設業向けの基幹業務システムを共同開発し、3月に同社へご提供しました。

これまでDTSは、住宅メーカーやホームビルダーのお客様に、住空間3Dプレゼンテーションソフト「Walk in home」を中心としたCAD関連の各種ソリューションを約20年間にわたり提供してきました。今回、新たな事業の展開として住宅建設業の基幹業務システムの開発を行いました。

また、この基幹業務システムをソリューションとして販売開始しました。さらに、Walk in home、データスタジオ@WEB、GalleriaSoloなどの自社ソフトや会計、人事などの他社ソフトなどを組み合わせ、住宅業界向けのトータルソリューションとして、お客様へ提供していきます。

お客様プロフィール

本社 群馬県高崎市栄町1番1号
設立

1951年

主な案件 建設および土木工事一切の設計、施工、請負および監理、 不動産の売買、賃貸、管理、鑑定およびその仲介斡旋

導入の背景・課題

既存の基幹システムのパッケージでは解決できない課題に対応した新基幹業務システムの構築

2018年ヤマダ・エスバイエルホームとヤマダ・ウッドハウスが合併しヤマダホームズが誕生。
新たな基幹業務システムを構築する必要がありました。
また、既存の基幹システムのパッケージでは解決できない課題も各部門が多く抱えられていました。

解決策

DTSは、住宅CADのシステム開発は実績がありましたが、住宅建設業の基幹業務システムの開発実績はありませんでした。
そのため、お客様に知見や技術を学ばせていただきながらカスタマイズで行う共同開発をご提案し、採用いただきました。

導⼊の効果

  • 1.

    施主様ごとの進捗を一覧化。管理・分析・対応をスピード化

  • 2.

    膨大な請求書処理の作業時間を軽減

  • 3.

    システム連携により効率的なコストマネジメントが可能に

  • 4.

    図面管理を一元化。帰社せず現場で写真の管理や進捗を報告

  • 5.

    土地の詳細情報や仕入条件が一覧化

  • 6.

    邸別・施主様別の工事・問い合わせ履歴をすべて把握

トピック

[お客様の声]
パッケージにはない当社オリジナルの基盤業務システムが完成

2社統合の際に、今回の基幹業務システム構築提案を貴社から受けました。
統合基幹システムを最新システムで構築出来、今迄出来なかった分譲系機能等が搭載され、全ての業務が一気通貫で効率よく行えるようになりました。

株式会社ヤマダホームズ
取締役 兼 執行役員常務

西田 正吾様

住宅基幹frameworkについて

住宅基幹frameworkについて⾒る

住宅基幹frameworkについての
お問い合わせ

contact

関連ソリューション